ダラダラな月曜日

朝から本当は会議だというのに、他の作業で出席してません・・・・
ほんとに仕事に関しては今の体制にうまくはまってしまってダラダラです。
こうなるとだらけてしまいやる気がまったくでなくなってしまいます。
何とかしないとなぁ、と思う反面オーストラリアに行くまでの猶予期間だからと惰性で過ごしています。
あー、何ともならないこの状況。なんとかしたいです。

自分にとってのオーストラリア

毎年毎年どんなに忙しくても12月には強引に2週間くらいの休みを取り
オーストラリア(パース)に行っていたもんですが、なんでこんなにオーストラリアに行くのか?

それは
「20代の大半を過ごして今の自分を創ってくれた場所だから」
これが理由だと思います。

なんともハッキリ言葉にはいえないんですが、自分に合うというか素の自分に戻れる場所なんです。
パースに限って言えば、緑が多くて海が近くにあり空が青く夕日がとてもきれいで自然とうまく街が調和しているなぁと気持ちよく過ごしていました。人によっては「エンターテインメントがなくてスモールタウンでつまらない」って人もいましたが、自分にはすごく落ち着く場所で、おおげさに言うと生きてる実感がするのです。

違う価値観を持った大切な人々にも出会えたし、日本にいたらできない体験もたくさんしました。
だからそれをまた味わいたくてわずかな時間を旅行者として戻っていたのかもしれません。
(結局チキンでめんどくさかったから、なかなか永住権申請をしなかったてのもあります)

もちろん長く住んでいればそれなりにいい事もやな事もたくさんありました。

シドニーなどの東海岸と比べて西オーストラリアは全体的にまだいい意味でも悪い意味でも「田舎」が残ってます。
これは自分の体験なので個人的な意見なんですが、いい人もいればよくない人もいたし、差別や先住民の問題など様々な考えさせられる事に日常生活で直面しました。

だから「いい事」「やな事」それらすべてを含めてもすばらしい所だからこそ、移住したいと常々思っているんだと思います。

12 | 2009/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Profile

JunJun&ミータ

Author:JunJun&ミータ
学生時代をパースで約6年ほど暮らした後、日本に帰国。同じ時期に留学していた2人が偶然出会いそして結婚。それからいろいろありもう7年も東京に住んでいますが、晴れて9月にSRSビザを取得し、2009年12月にアデレードへ移住しました。

【取得スケジュール】

[2011年]
12/15
 エージェントに
 永住権のコンサル

[2012年]
01/07
 永住権申請
01/16
 Case Officer
01/18
 ヘイハチ健康診断
01/19
 永住権取得!!



Latest Entries
Latest Comments
Monthly Archive
Category
Latest Trackbacks
Search Form
RSS
Link
Add Friend Form

Add this person to blog friend