なんじゃこりゃ~【第3回】

オーストラリアでのこれは??なんじゃ?と思うものを紹介しています。
【※あくまで超個人的に感じたことで、決して誹謗・中傷するためではなく悪意はまったくありません。】


名称:水道タップ(あつい)
コメント:文字通り【HOT】なのですが、温度が尋常じゃないくらい熱いです。熱いというか熱湯です。素手で触るとホントにやけどします。どれくらい熱いかというと流しにはねた水滴さえもが熱すぎて悶えるくらいです。おかげで脂汚れは流すだけでキレイに落ちるんですけどね。ここまで熱くなくても・・・中の水道管とかは大丈夫なのか??
証拠写真:
100131.jpg

家の水回りばっかですが、次回からは外も見回ってみます。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

ハチとポリス

土曜日の昼下がり、テーブルでお茶を飲みながらくつろいでいるとミータが突然。

「そこにハチがいる~!?」

窓に目をやると立派なミツバチくんがブンブンしています。
いったいどこから入ってきたのかわかりませんが、とにかく出たいらしく窓に体当たりしています。
ずっといても困るしと思ってると、ミータが気合いでボールを使って生け捕りに。
そこから選手交代して紙でふたをしてそのまま外に出すことに。しかし捕まえた体制が悪かったのか、ちょっと潰して?しまいミツバチくんにさっきの元気がなくなってしまいました。早々に玄関から出してあげましたがどうなっただろう?すまんのー。

100130_01.jpg
けっこう動きが激しかった

ミツバチくんを外に出してちょうどすぐにパトカーが家の前に停車しました。

「ミツバチの罪で捕まえにきたんだよ」とミータ
そんなわけはありませんが、タイミングがよかっただけに「何しに来たの?」と思って緊張しました。でも家に用事じゃなくて隣の棟だったらしいです。

100130_02.jpg
でっかいナビがついてました。

それにしても、なんでパトカーって見るとなんかまえちゃうんでしょうか?
何にもしてないんですけど、いやなんですよねーあの青白が。その昔見ていたイギリスの警察ドラマで「The Bull」だったけかな、があってこの青白がしょっちゅう出てました。
オーストラリアのパトカーの色ってイギリスに準拠してんのかな?

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

オーストラリアの太陽

アデレードについてまず速攻で買ったのが飲み物でも食べ物でもなく、日焼け止めでした。

100129.jpg
日焼けをガッチリガード??

ご存じのようにオーストラリアの日差しは厳しく、紫外線も半端じゃないので普段出かけるときは必ず塗ります。スプレータイプもあって出かけに玄関で「シュー」とすればいいのでカンタンです。
でも、このスプレーSPF30+って書いてあるのに肌が焼けます。いい感じに黒くなってきました。
「日焼け」じゃなくて「日焼け用」なんじゃないのか??とひそかに疑っています。

車に毎日乗る生活をしてると冗談でなく右腕だけ真っ黒に焼けて左側はそのままってことがよくあります。今年の夏もなんだかそうなりそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

夕日とカレー

今日は特になぜか夕日がキレイに感じられ、思わず近所を散歩して写真に収めてみました。
ちなにみ今のアデレードでは夕日が大体夜の8時位に見れます。さすがに9時くらいになると真っ暗ですが、夕飯時の7時くらいだとバリバリ明るくて昼間並みです。

100128_02.jpg
夕日が真っ赤です。ちなみにこの時は午後9時

昼間は太陽ガンガンでも夜になると、特に自分の住んでるフラット周りは真っ暗になります。街灯がないのでホント暗いです。
「夜が暗い、暗すぎる、こんなに暗いんかぁ?」と感じていました。だけどこの暗さは尋常じゃないと思っていて、今日になって判明したことがあります。

うちのリビングルームは10畳くらいの広さなんですが、天井の電球型蛍光灯1コでまかなってます。
なんとコイツが「14W」しかありません。どうりで本も読めないぐらい暗いわけだ。
でもオーストラリアでは部屋の照明が裸電球1つってのは案外ふつうです。

100128_03.jpg
どうりで暗いわけだ

電球型蛍光灯をはずしてW数を確認していたら、ドクターTが皿にビーフカレーを乗せて上から下りてきました。
この前とはまた違うカレーで「今回はスパイシーだからライスかナンで良く混ぜて食べて」と説明してくれました。

100128_01.jpg
絶妙な辛さと巧さ

彼らはモスリムなので、当然豚肉は食べません。牛も鶏も宗教的な方法で処理した肉しか口にしないそうです。
なので「マクドナルドとかKFCで食べたことないの?」と素朴な疑問をすると
「食べることはあるけど、そういう場合は罪悪感を持って食べるんだよね。ちゃんと宗教的に処理されてない肉だからさ」と宗教が身近にある生活をしてるんだと感じました。
その点、日本はなんでもアリでいいですね。宗教とか価値観の違い、物事の考え方とかがすごく違っていて、こういうことって海外に出てよく実感することの一つです。

それにしても今回のカレーは辛かった!


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

アデレードの塀 and 免許が来ましたー

アデレードに来て気づいたことは沢山あるのですが(国が違うから当たり前か)、パースとも違う点がけっこうあります。

最初に気づいたのが家の「塀」

100127.jpg
自然な感じです。

アデレード郊外?には写真のような東南アジアな塀がけっこうあります。火つけられたら速攻で燃えそうな、乾燥地帯だけど大丈夫か?と他人ながら心配してしまいます。家のフラットの前の一軒家もこの塀だし、お隣さんもおなじような素材の塀です。流行ってんのかな?


あと今朝、郵便受けをチェックしたらなんと!この前すったもんだしたSAの免許が届いていました!
先週申請して今日届くなんてオーストラリアにしてはすごい早業です。すごいぞ、どうした!?

感動して中身を確認すると・・・

やっぱり。

新品の免許証のはずなのに、名前と住所の部分がミスプリントでかすれていて見えません
これじゃ身分証として使えないよ~

そのまま交換してもらうため免許センターへ行ってきました。(同じことのために何回行けばいいのか)

なぜかこちらのミスではないのに、また申請用紙を書かされてさらに待たされ、仮の紙切れをもらって終了。

WAの免許をSAのに変えるだけなんですが、ホントこういうシンプルなことができないからダメダメなんだなーと、もう呆れすぎてずっと笑ってました。

たぶんまた何かあるだろーなーとゆるく構えてます。まぁ、逆にいえばこのドジでゆるくてどうしようもないお国柄があえていいってのがあるんですけどねぇ。ギスギスしてなくて・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村


12 | 2010/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Profile

JunJun&ミータ

Author:JunJun&ミータ
学生時代をパースで約6年ほど暮らした後、日本に帰国。同じ時期に留学していた2人が偶然出会いそして結婚。それからいろいろありもう7年も東京に住んでいますが、晴れて9月にSRSビザを取得し、2009年12月にアデレードへ移住しました。

【取得スケジュール】

[2011年]
12/15
 エージェントに
 永住権のコンサル

[2012年]
01/07
 永住権申請
01/16
 Case Officer
01/18
 ヘイハチ健康診断
01/19
 永住権取得!!



Latest Entries
Latest Comments
Monthly Archive
Category
Latest Trackbacks
Search Form
RSS
Link
Add Friend Form

Add this person to blog friend